ある兵士の賭け

石原プロモーション設立50周年を記念して、遂にBlu-ray&DVD化解禁!
石原裕次郎が限りない情熱を注ぎ、莫大な時間と労力を費やし、命がけで作り上げた映画作品がついに発売!
裕次郎の“夢"が詰った特別な映画です。

2013.03.20 Blu-ray on SALE

No Image
  • NoImage

Blu-ray

PCXP.50133 / ¥4,700(本体)+税

  • POS:4988013327467
  • 収録時間:本編136分
  • カラー:カラー
  • 画面サイズ:16:9
  • 面数:2層(50GB)
  • リージョンコード:リージョンフリー
  • 音声:日本語:リニアPCM(オリジナル)
  • 字幕:日本語-聴覚障害者用字幕
  • 発売元:ポニーキャニオン

製作著作:株式会社石原プロモーション

カートに入れる

インフォメーション

子供たちのために、ある兵士は1300キロの道を歩く決意をした。しかし兵士は戦場で暗い過去があった・・・ヒューマニズムとは何か?国境を超えて、戦争と人間の本質に迫る、感動の人間愛ドラマヒューマニズムとは何か? 戦場で地獄を見たアメリカ軍の大尉が、児童養護施設建設のために、東京から九州まで二週間で1300キロを歩く、という無謀な賭けをする。それを知った裕次郎扮する従軍記者は、大尉が戦地で無慈悲にも子供を殺した現場を目撃していたために、憤りを覚えるが・・・人間の尊厳をテーマに、国境を超えた人間愛を描く感動篇。フランク・シナトラ・ジュニア、新珠三千代、三船敏郎、浅丘ルリ子をはじめとする豪華キャストによる話題作。
フリーの報道カメラマンである北林宏(石原裕次郎)は「星条旗紙」に掲載された広告を見て、激しい怒りを覚える。内容は「米兵士アレン大尉が座間から別府までの1300キロを2週間で歩けるか賭けをしてほしい。成功すれば掛け金を別府の孤児院に寄付する」というものだった。しかし北林は、朝鮮戦争でアレンが市民夫婦を誤って射殺した現場を目撃しており、孤児を作り出した人間に孤児院への寄付などする資格はないと、本人に歩くことをやめさせようとした。アレンは賭けに勝ち、孤児院の改築工事が始まった。園長の山田(新珠三千代)はアレンに子供から「雨の洩らない鉄筋コンクリートの家が欲しい」と言われたことがきっかけであることを語る。資金が続かず翌年も歩くアレン。その後新聞社の協力で工事は完成。北林はベトナムの最前線で再会したアレンに報告。それから数日後、アレンはジープで走行中、敵の攻撃により戦死する。

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。