Mizuho

Waltz for Moonlight

2017.01.18 ALBUM on SALE

No Image
  • NoImage

PCCY.30233 / ¥2,778(本体)+税

  • POS:4988013200494
  • ポニーキャニオン

カートに入れる

収録内容

再生曲を選択して下さい

エルマーク

DISC 1

  • 試聴(音楽)
  • 視聴(映像)

メジャーデビューアルバムの前作「ロマンティック・ガーシュイン」にて2014年度ジャズジャパン企画賞を受賞した実力派女性ヴォーカルMIZUHOの最新作!

テーマは「月」
月にちなんだ曲を集めたシアトル録音のコンセプト・アルバム。

ギターの鬼才、ビル・フリゼールを迎え、バークリー教授のタイガー大越がプロデュース。
カントリーのエッセンスを感じさせる空間を巧みに使った独特なサウンドが見事にMIZUHOの声とマッチしている。

MIZUHO (vocal)  
Tiger Okoshi (trumpet, flugel horn)  タイガー大越
Bill Frisell(guitar)  ビル・フリゼール
Luke Burgman (bass)  ルーク・バーグマン
Ted Poor (drums) テッド・プア

MIZUHO プロフィール
札幌のhouse of jazzを拠点に世界に向けて音楽を発信するMIZUHOは、2006年にデビュー・アルバム「イン・ナ・センティメンタル・ムード」を発表。
2007年、浅草ジャズコンテストボーカル部門金賞、舞鶴赤煉瓦ジャズ・フェスティバル最優秀新人賞、横濱ジャズプロムナードにてベスト・プレイヤー賞を次々と受賞し、その実力が広く認められる。
2008年以降、世界的に活躍するタイガー大越氏をプロデュ―サーに迎えアルバムを発表し続ける。中でも2012年にリリースしたアルバム『Dear DUKE』は世界の評者を唸らせ、「今日でも素晴らしいが、100年後の2112年にも、素晴らしい音楽であり続けるだろう(元ウェストミンスター大学英米文学科教授 ウェイン・ゼイド)」と絶賛される。
2014年、ポニーキャニオンからリリースしたアルバム『ロマンティック・ガーシュイン』にはジャズの巨匠ゲイリー・バートン(vib)、タイガー大越(tp)、アレイン・カロン(b)、マーク・ウォーカー(ds)等が参加。このアルバムとMizuhoの活動に対し、2015年、『ジャズジャパンアワード』が贈られた。
その天性のフィーリングとクリスタルのような美しい歌声、表現力は世界のミュージシャン、ボーカル・ファンの間で評判を呼んでいる。

関連商品

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。