藤田恵美

虹の橋

2007.05.16 MAXI SINGLE on SALE

No Image
  • NoImage

PCCA.02446 / ¥1,200(本体)+税

  • POS:4988013301047
  • Leafage

このアーティストの音楽配信・購入は、
現在下記のサイトで行っています。

  • iTunes
  • レコチョク

★楽曲によっては配信を行っていない場合があります。あらかじめご了承願います。
★サイトによってご利用方法が異なりますので、それぞれのサイトにあるご利用方法をご覧になってご購入ください。

収録内容

再生曲を選択して下さい

エルマーク

DISC 1

  • 試聴(音楽)
  • 視聴(映像)

「虹の橋」は原作者不詳[Author Unknown]のまま、世界中の沢山の動物のサイトに伝わっている詩です。
原文は英語「Rainbow Bridge」で、古いインディアンの伝承にもとづいているものらしいのですが、アメリカでも誰も作者を知らず、欧米のサイトを通じて広まっていったそうです。
詩は愛する動物達と別れても天国の手前にあると言う「虹の橋」でまた再会して、一緒に虹の橋を渡り共に天国に行く!という内容です。 そして、「虹の橋のたもと」では、愛された事無い動物達がやはり愛を知らなかった人と共に「虹の橋」を一緒に渡るお話です。
この「虹の橋」の詩に共感を持った世界中の動物を愛する多くの人達によって、様々な国の言語に翻訳されインターネットを通じて世界に伝えられています。


藤田恵美が「虹の橋」の詩をスタッフから聞いて知ったのは2006年の春・・・。

犬や猫など、幼い頃からペットを飼っていた彼女はとても深いこの作者不詳の詩を見て、彼女の別れたパートナーを想い、作曲しました。

「いつからでしょう?
生活を共にしていた犬や猫達が私が天国に行くときに会いに来てくれると、夢みたいに信じていたのは・・・
でも虹の橋の詩に出会って、それがもっと現実めいた気がします。
何て、素敵でしょう。
また元気な姿のあの子達に会えるのですから。
失った悲しみは、そうすぐに癒えるものではないけれどこの歌はあの子からのメッセージだと思って聴いて下さい。
そして明日への希望につないで欲しい。やがて来る再会の日まで。」

                                         藤田恵美

−ペットロスの癒しのために−
インターネットで世界中の動物好きに読まれている作者不詳の愛の物語「虹の橋」が人々の心を癒してくれる音楽になりました。

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。