でーれーガールズ

あの時言えなかったこと― 今だから言えること―
優希美青×足立梨花、白羽ゆり×安蘭けい、2組のWキャストが共演!1980年と現代の2つの時代を舞台に、恋と友情を描いた感動の青春物語。

2015.07.02 DVD on SALE

No Image
  • NoImage

DVD

PCBP.53290 / ¥3,800(本体)+税

  • POS:4988013282384
  • 収録時間:119分
  • カラー:カラー
  • 面数:片面・一層
  • リージョンコード:2.日本・ヨーロッパ・南アフリカ
  • 映像圧縮方式:MPEG-2
  • 音声:1.オリジナルステレオ.(日本語)  2.オーディオコメンタリーステレオ.(日本語)  3.オリジナルモノラル(舞台挨拶・劇場予告編).(日本語)  
  • その他:複製不能.レンタル禁止
  • 発売元:株式会社ポニーキャニオン

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

カートに入れる

インフォメーション

【STORY】
―2人の女性の30年の時を超えた、恋と友情の物語―

1980年、岡山―。
東京から岡山に転校してきたばかりの佐々岡鮎子(優希美青)はクラスに友達がいなかった。標準語を話す鮎子はクラスメートにからかわれっぱなし。岡山弁で「ものすごい」を意味する「でーれー」という言葉が耳に残った鮎子は、クラスに溶け込もうと「でーれー」をなにかにつけて使ってみる。ついたあだ名は「でーれー佐々岡」。
そんな鮎子の心の支えはかっこよくてギターもうまい大学生の彼、ヒデホくん。鮎子は密かに2人を主人公に、恋愛マンガを描いていた。ところがある日、その漫画をクラスでも目立つ、大人っぽく美人の秋本武美(足立梨花)に見られてしまう。武美は鮎子にとって憧れの存在。そんな武美が、物語の続きを読みたがったのだ。武美は鮎子のマンガの最初の読者で、ファンとなっていく。 
次第に仲を深める2人だったが・・・クリスマスイブ、ある事件がきっかけで決定的な仲違いをしてしまう。不器用だった鮎子、意地っ張りだった武美、2人は仲違いをしたままそれぞれの道を歩んだのだった・・・。

現在―。
大人になり、漫画家になった鮎子(白羽ゆり)は、母校で講演会をするため30年ぶりに岡山へやってきた。鮎子はそこで、思いがけず武美(安蘭けい)と再会し、再び物語が動き始める。
「2人が信じたもの」「2人が失ったもの」「2人が大切にしたかったもの」そのすべてが浮き彫りになった時、最後に待ち受ける意外な結末とは?

キャスト / スタッフ

  • 【CAST】
  • 優希美青
  • 足立梨花
  • 白羽ゆり
  • 安蘭けい
  • 須賀健太
  • 矢野聖人
  • 桃瀬美咲
  • 石崎なつみ
  • 杉浦香絵
  • 山根千佳
  • 前野朋哉
  • 丘みつ子
  • 甲本雅裕
  • 根岸季衣
  • 【STAFF】
  • 原作:原田マハ「でーれーガールズ」(祥伝社)
  • 監督:大九明子
  • 脚本:源孝志
  • 音楽:矢野博康
  • 主題歌:優希美青「さよなら また会おうね」

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。