10.19近鉄バファローズの悲劇 〜伝説の7時間33分〜

日本プロ野球史に於ける最大の悲劇として、今も尚語り継がれる「近鉄バファローズの10.19」。ダブルヘッダー第1試合のダイジェストと、第2試合は臨場感溢れる実況中継と共に約2時間お見せします! 更に、特典映像として、阿波野秀幸・元投手&安部憲幸・元アナウンサーのインタビューを収録!

2013.10.25 DVD on SALE

No Image
  • NoImage

DVD

PCBE.53807 / ¥3,800(本体)+税

  • POS:4988013499362
  • 収録時間:130分
  • カラー:カラー
  • 面数:片面・二層
  • リージョンコード:2.日本・ヨーロッパ・南アフリカ
  • 映像圧縮方式:MPEG-2
  • 音声:1.オリジナル音声2chステレオ.(日本語)  
  • その他:複製不能.レンタル禁止
  • 発売元:朝日放送株式会社

2013 朝日放送

カートに入れる

インフォメーション

日本プロ野球の歴史に於ける最大の悲劇として、今も尚語り継がれる「近鉄バファローズの10.19」。ダブルヘッダー第1試合のダイジェストと、第2試合は臨場感溢れる実況中継と共に約2時間、たっぷりとお見せします!
【近鉄バファローズの10.19とは?】
1988年10月19日、パシフィック・リーグのシーズン最終戦。この時点での1位は西武ライオンズ。しかし、2位の近鉄バファローズが、この日の川崎球場でのロッテとのダブルヘッダーに2連勝すれば、近鉄の逆転優勝。1つでも敗れるか引き分けで、西武の優勝が決まる。
ダブルヘッダー第1試合は、劇的な逆転勝ちで近鉄が勝利。第2試合も、緊迫したシーソーゲームとなり、8回表にブライアントのホームランで、近鉄が1点のリードを奪う。テレビ局も編成を組み変え、第2試合途中から急遽全国的に中継放送が行なわれ、日本中が近鉄の逆転優勝を期待した。しかし、8回裏に、ロッテに再び同点に追いつかれ、9回表の近鉄は無得点。
何とか延長に持ち込んで点を取り、逆転優勝を決めたい近鉄ナインは、全速力で9回裏の守備につく。しかし、9回裏の大石の守備をめぐり、ロッテの有藤監督が9分間にも及ぶ抗議。早く延長回を迎えたい近鉄ファンからは罵声や怒号が飛び交い、球場は騒然となる。そして、迎えた10回表は、近鉄が点を取ることが出来ず、ナインは再び猛ダッシュで守備につくが、10回裏のロッテの攻撃途中に時間切れとなり、この時点で近鉄の優勝の望みは潰え、西武の優勝が決まる。近鉄ナインは、失意の中、10回裏3アウトまで守備を続けた。

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。