斉藤哲夫

SPINACH

2009.01.21 ALBUM on SALE

No Image
  • NoImage

PCCA.02829 / ¥2,857(本体)+税

  • POS:4988013717046
  • ポニーキャニオン

収録内容

再生曲を選択して下さい

エルマーク

DISC 1

  • 試聴(音楽)
  • 視聴(映像)

稀代のメロディーメイカー斉藤哲夫!
キャリア初となる全曲セルフカバー新録によるベストアルバムです。
まさに『グッド・タイム・ミュージック』というべき名曲達と、スウィートな歌声と温かい演奏が、
間違いなく貴方を幸せな気持ちにしてくれるはず! 
1970年よりスタートした長いキャリアの軌跡というべき、まさに名曲ばかりが並んだ最高のベストアルバム。

spinach=ほうれんそう

(今回セルフカバーした楽曲の初出収録情報)
01.野澤君 / 初出AL「グッド・タイム・ミュージック」1974(CBSソニー)
02.グッド・タイム・ミュージック / 初出AL「グッド・タイム・ミュージック」1974(CBSソニー)
03.悩み多き者よ / 初出AL「君は英雄なんかじゃない」1972(URC)
04.甘いワイン / 初出AL「ダータ・ファブラ」1992(ナツメグ)
05.ダンサー / 初出AL「一人のピエロ」1979(キャニオン)
06.グッドモーニング / 初出SG「君がきがかり」のc/w曲 2002(Birdsong) 
07.さんま焼けたか / 初出AL「僕の古い友達」1975(CBSソニー)
08.夜空のロックンローラー / 初出AL「僕の古い友達」1975(CBSソニー)
09.バイバイグッドバイサラバイ / 初出AL「バイバイグッドバイサラバイ」1973(CBSソニー)
10.いつもミュージック / 初出AL「いつもミュージック」1980(キャニオン)
11.もう春です(古いものは捨てましょう) / 初出AL「バイバイグッドバイサラバイ」1973(CBSソニー)
12.セレナーデ / 初出AL「一人のピエロ」1979(キャニオン)
13.吉祥寺 / 初出AL「バイバイグッドバイサラバイ」1973(CBSソニー)
14.いまのキミはピカピカに光って / 初出AL「PIKAPIKA」1980(キャニオン)

◆今回のNEWアルバムに続き、かつてのキャニオン在籍時代の2枚のアルバム
「一人のピエロ」(1979年発売)、「いつもミュージック」(1980年発売)を
HQCD(ハイクオリティCD:全てのCDプレイヤーで再生できます)で2/18に初CD化。
ボーナストラックとしてSgオンリーの楽曲も収録。
「一人のピエロ」PCCA.50041
「いつもミュージック」PCCA.50042

(プロフィール&新作について)
斉藤哲夫は70年代初期、“悩み多き者よ” “されどわたしの人生”などの先鋭的な作品を発表したことから、「若き哲学者」などと呼ばれ、
多くのフォークシンガーから賞賛の声を浴びる。その信奉者はいまなお、小田和正、吉田拓郎など引きも切らない。
斉藤の音楽性は語りつむぐ言葉のシンプルなセンスもさることながら、メロディの背景にはポップミュージックの影響が色濃く反映され、
そのスィートな声の持ち味を生かしたハーモニーを多用した、“バイバイグッドバイサラバイ” “グッド・タイム・ミュージック”などの名曲も数多くものにしている。
またそうした音楽性の仲間はあがた森魚、鈴木慶一を含むムーンライダースへと広がり、糸井重里と組んだ“いまのキミはピカピカに光って”のヒット曲をも生む。
そして長い活動の末、今回初めて新録セルカバーでのベストアルバムを制作した。
斉藤はこのアルバムでかつて表現したかったことの全てをやりつくしたと語り、
ここには斉藤の軌跡ともいえる名曲が並び、まさに初にして最高のベストアルバムが誕生した
といっても過言ではない歌であふれている。

●70年代より活動を続けるアーティストたちの新作が3ヶ月連続リリース!
『フォークの匠』シリーズがスタート。
第一弾(1/21発売)は「斉藤哲夫」と「佐渡山豊」
第二弾(2/18発売)は「丸山圭子」と「加奈崎芳太郎(ex古井戸)」
第三弾(3/18発売)は「西三重子」と「山木康世(exふきのとう)」

斉藤哲夫による斉藤哲夫自らのカバーベスト!
スピナッチは活力源 食べて見ませんか 聴いてみませんか

関連商品

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。